子どもたちの夢を
応援するために

教育事業

教育事業本部 COCO塾事業部
COCO塾ジュニア事業課 係長

関口 景子

2008年入社

生き生きと仕事を語る先輩が印象的だった

学生時代から介護の分野に興味があり、リーディングカンパニーのニチイ学館に興味をもちました。介護業界の人材不足が叫ばれる中、教育講座を運営し、人材供給できるスキームを持っていることは大きな強みだと感じました。同時に、医療・介護・教育・保育とさまざまな分野の業態があることで活躍の場が広がるという可能性も感じました。選考が進む中、採用担当の方や先輩社員と接し、生き生きと仕事のことを話す姿もとても印象的でした。
私の今の業務は、主に大人向け語学スクールCOCO塾、子ども向け英語スクールCOCO塾ジュニアの販売促進活動。受講生募集にあたり、どの時期にキャンペーンやイベントを実施するのか、立案します。またチラシやサイトに載せる内容も考えます。一方、スクールからのさまざまな質問に回答したり、各種申請書を確認するなど、スクール運営のサポートも行っています。

お客様への想いを強くしたインタビュー

COCO塾サイトの全面リニューアルプロジェクトを担当しました。現場のインストラクターやカウンセラーに協力してもらったり、業者の方を含め、皆で一つのものを作り上げた過程がとても印象に残っています。新サイトのコンテンツの一つとして、受講生の声を掲載するため、インタビューに同席しました。いろいろな方のお話を聞き、私たちの仕事の先にお客様がいて、それぞれ目標や夢に向かって、通ってくださっていることを改めて感じることができました。英語を学びたい・上達したいというお客様の意欲に応えたい。そんな想いが強くなりました。
また、COCO塾ジュニアの特徴やレッスンのポイントなどをまとめたオリジナルの手作り小冊子を保護者の方に配布したことも仕事への意識をいっそう高めてくれました。テキストやデザイン、製本するまで手作りだったため、作成は大変でしたが、苦労した分お客さまの手に渡って喜んでもらえたり、スクールから別の時期にも使いたいといった要望をいただいた時には、とてもやりがいを感じました。

これはやりきったと思える仕事をすること

キャリアパスというほどのものではないかもしれませんが、私の上司などは、私が相談した時に、いろいろな視点で物事を見て、総合的な観点でアドバイスをしてくれます。いつか、私もそんな存在になれるよう、仕事の面でも人間的にも、尊敬できる上司に近づきたいと考えています。また、自分の存在価値を認めてもらえるような仕事をすることが、やりがいのある重要な業務につけるチャンスにつながると思うので、「これはやりきった」と思える仕事をどんどん増やしていきたいと思います。
私が現在携わっているCOCO塾ジュニアのコンセプトは、「やりたいことは英語の先にある」です。将来、COCO塾ジュニアで学んだ多くの子どもたちが、それぞれの夢を実現させた姿を見たい。その意味でも、より多くの方々にCOCO塾ジュニアを知っていただき、通っていただき、そして続けていただくためのサポートに、今は全力を注いでいきたいと思っています。

仕事で大切にしている 私の「想い。」

できるようにするためにどうするかを考える!!

「できない」「無理」ではなく、「こうすればどうか」「どうやったらできるか」と考えるように心がけています。チームの誰かが困っていたらそんなアドバイスのできる人になりたいと思っています。

PROFILE

関口 景子

教育事業本部
COCO事業部
COCO塾ジュニア事業課
係長
2008年入社

入社後、人事部に配属され、2013年に教育事業部に異動となる。COCO塾ジュニアのフランチャイズ校の運営サポートを務める。2014年から、現在の業務を担当。NO残業デーには、同僚たちと皇居ランを楽しんでいる。

1日の仕事の流れ

  • 朝礼・メールチェック

    朝礼では、その日の打ち合わせの予定やその日の仕事を報告します。その後、スクール・他部署・業者などからのメールをチェックします。

  • デスクワーク

    キャンペーンやイベントなどについて、スクール向けの運用マニュアルを作成したりと、デスクワークが中心。

  • お昼休憩

    基本的にはお弁当を持参して、オフィスで昼食をとります。週に1回くらいは、同期や同僚と外食します。天気がよい日には、公園で食べることも。

  • ミーティング

    週1回程度、課でミーティングを行い、業務の進捗報告をして、情報共有をします。

  • デスクワーク

    午後から営業開始するスクールが多いため、スクールに確認すべきことや、質問の回答を電話・メール・FAXで行います。

  • 残業

    至急の案件があったり、進捗が遅れている場合には、残業もします。帰宅前には、明日のタスクを整理して、1日の業務を終えます。