さまざまな視点から
介護を捉える人材に

ヘルスケア事業

ヘルスケア事業本部
ヘルスケア事業部
ヘルスケア商品課

福井 ゆき乃

2013年入社

ニチイの先輩たちと一緒に働きたい!

福祉というものに漠然と興味があり、学生時代は高齢者福祉を専攻していました。人の役に立つ仕事に就きたいと考え、就職活動では介護業界を中心に取り組んでいました。ニチイは若いうちから総合職として活躍できるフィールドがあり、また全国展開している介護業界のリーディングカンパニーで、より多くの高齢者の方々がより良い生活を送れるような仕事に携われると考え志望しました。そして何より、説明会や座談会、面接を通してニチイで働く社員の皆さんと働きたい!そう直感的に感じたことが入社の決め手となりました。
主にニチイプライベートブランドの大人用紙おむつ販売推進業務に携わっています。新商品発売に向けたニーズの調査やメーカーとの調整、自治体独自で実施している紙おむつ支給事業へ参入するため支社や支店と連携を図りながら試算の確認・価格のチェック、などを行っています。またギフト商品(お中元・お歳暮など)の販売推進も担当しています。

キャンペーンが売上につながる達成感

2015年の夏、ニチイのプライベートブランドの紙おむつを初めてご購入いただく方を対象に、おむつ1パックあたりの価格を値引きして販売するキャンペーンを実施しました。上長に助言や指導をいただき、メーカーや他部署との連携を図りながら、進めていきました。事前準備が足りず、キャンペーン開始が遅れてしまったり、他部署にご迷惑をおかけしてしまったり、反省する点が多くありましたが、なんとかキャンペーンを開始することができました。私が作った実施要綱で全国の支店・拠点のスタッフに動いていただくこと。また、私の作ったチラシがお客様のお手元に届くこと。とても大きな責任を感じました。支店の方から「いいキャンペーンだね」「このキャンペーンならお客様にも興味を持ってもらいやすい」など、さまざまなご意見をいただくと同時に、多くの新規購入者が獲得でき、売上につながったことは、大きな達成感を得ることができました。

将来を目指すために今を着実に

現在はヘルスケア事業本部にて「介護保険外」サービスを担当していますが、将来的には介護保険内外にとらわれず、さまざまな視点から「介護」というものを捉えることのできる人材になりたいと考えています。そのためにも、今をしっかり歩むことが大切です。
たとえば、キャンペーンを実施するにあたって、運用をどうするか決める際には、現場に負担をかけすぎず、現場の方が動きやすい最善の方法を模索したり、あるいはチラシを作ることについても、お客様の目に留まりやすいデザインに工夫する。そうしたひとつひとつの配慮や心遣いが、次の仕事につながっていくと思います。そんな想いを持ちながら、一歩一歩、着実に、前に進んでいきたいと考えています。

仕事で大切にしている 私の「想い。」

自分の業務の先には、現場の業務があり、その更に先には「お客様」がいらっしゃる

ご満足いただける商品やサービスを提供するために、私の業務の先には「支社・支店・拠点」があり、その先には「お客様」がいることを常に心に留めて業務に励んでいます。

PROFILE

福井 ゆき乃

ヘルスケア事業本部
ヘルスケア事業部
ヘルスケア商品課
2013年入社

入社後、お茶の水ヘルスケア事業支店に配属され、ヘルスケア事業・保育事業の人材獲得に向けた募集活動、研修の取りまとめを担当。そして2014年、現在の部署に異動。有休などを利用して、友人たちと旅行に行くことが楽しみ。

1日の仕事の流れ

  • 出社

    ゆっくり出社し、1日の業務内容を確認します。

  • データ作成

    ギフト売上実績ランキングの作成
    売上実績をもとに各支店の目標達成率をランキング化し、過去の傾向の分析とあわせて全社に通知するデータを作成します。

  • 課内ミーティング

    週1でミーティングを実施し、各自担当業務の進捗を確認します。ミーティングの中で課内の方へ業務について相談することも多いです。

  • お昼休憩

    基本的にはお弁当を持ってきます。

  • 見積書の確認

    支店が自治体へ提出する紙おむつ自治体給付事業の見積りの紙おむつの価格が、適正な金額なのか、利益を確保できる価格設定がされているのか見積書の確認をします。

  • 新商品発売に向けたメーカーとの調整・資料の作成

    新商品の製品規格を固めるためにメーカーとの調整を進めていきます。あわせて社内で上申する資料の作成も行います。

  • 退社

    急ぎの業務があれば19時過ぎまで残業することもあります。