全国の「想いを胸に」。

ニチイの成長を推進してきた全国98支店のネットワーク。
ニチイを支える、地域の先輩社員が
どのような想いで日々働いているのか、ご紹介します。

宮城県 仙台市

東日本支社 事業三課

箭野 裕加

(2015年入社)
地域特有の課題に向き合いながら
ニチイキッズの価値をさらに高めたい

進路を考えていたとき、ニチイの保育事業の新聞記事を読み、ニチイが保育事業を行っていることを初めて知りました。そして、興味を持ちました。深刻な問題である待機児童解消の担い手の一員になりたいと、ニチイへの入社を決めました。現在は北海道から茨城県までの支店における保育事業の支援を行っています。今、来年度にむけ、保育園の開設準備に取り組んでいるところです。保育士の不足する地域では採用活動に苦労するなど、土地によって課題はさまざまです。ただ、視察に行った際に見る園児たちの笑顔が、私に力を与えてくれます。今後、保育事業と他事業の交流をもっと活発にして、「ニチイキッズ」に付加価値をつけたい。その想いをいつかカタチにしたいのです。

宮城県 仙台市

東日本支社 事業二課

村上 春樹

(2011年入社)
厳しい気象条件の中で
お客様に寄り添うスタッフの力に

高齢者施設で働く母の姿を見ていたことやボランティア活動を通じて、対人援助の大変さとやりがいを知りました。そこで、福祉の職場環境を改善したいと思い、全国で事業を行うニチイを志望しました。私が所属する東日本支社が管轄する東北などでは、冬場、雪が積もると高齢者の方は移動手段が限られ、デイサービスをキャンセルするケースも少なくありません。積雪の影響でサービスを休止する事業所もあります。そんな中、ニチイのセンター長は毎朝毎晩拠点の雪寄せを行い、デイサービスの送迎や訪問介護を提供するスタッフは車が入れなければ雪かきをしながらでもお客様の玄関先へ向かい、可能な限りサービスを提供しています。そんなお客様に寄り添うスタッフの働く環境を守り、整えていきたい。それが、お客様に貢献することだと考えています。

新潟県 長岡市

長岡 ヘルスケア事業支店
営業課 課長補佐

上原 巧也

(2008年入社)
地方から、若者が介護の仕事に魅力を
感じる社会づくり、始めていきたい

就職活動では、日本の急激な高齢化に注目し、今後、高齢者人口が確実に増加すること、そしてより介護の力が必要な時代が来ると考え、活動を行いました。リーディングカンパニーとして、介護に限らず様々な分野で挑戦しているニチイなら、たくさんの方の期待に応えられるという想いで入社を決意したのです。現在、主に長岡支店全体の数字の管理及び自社サービス販促の為の法人営業と人材採用、育成に携わっていますが、「介護=最後に選ぶ仕事」というイメージを覆していきたいという想いを持ちながら、仕事に取り組んでいます。若者たちが介護の仕事に魅力を感じるような社会づくり。それは、介護業界のリーディングカンパニーであるニチイの責任であり、取り組むべき課題だと考えています。

静岡県 静岡市

静岡ヘルスケア事業支店
教育・人材課 マネージャー

鈴木 花織

(2010年入社)
介護業界の人材不足という課題解決。
まず、静岡で貢献すること

大学入学時から「福祉系」の仕事に就きたいと思っていました。大学での実習やボランティアを通じ、現場で働くスタッフの皆さんがより働きやすい環境を創りたい、と考えるようになり、ニチイなら私の夢を叶えることができると入社を決めました。静岡は高校卒業後に東京や名古屋など、県外に出て、そのまま都心で就職する方が多く、介護の担い手不足が懸念されています。また、独居や高齢者のみの世帯も多く見られます。介護業界最大手として、地域包括支援センター・病院・介護事業所など、地域のネットワークを大切にし、より適切により早く、お客様に必要なサービスを提供していきたい。介護業界の人材不足という課題解決に貢献していくことが私の強い想いです。

愛知県 名古屋市

中部日本支社 事業一課

佐藤 涼太

(2015年入社)
支店から頼られる存在になる
そのためには勉強あるのみ

大学時代、障がい児ボランティアサークルに所属していたので、福祉と子どもには興味がありました。就職活動で企業研究をする中で、ニチイに興味を持ちました。様々に事業展開しているニチイなら、私がやりたかった仕事以外にも新しいことに挑戦できる、自分の可能性を広げることができると考えたのです。現在、私が担当しているのは、中部日本支社が管轄する支店から提出される帳票の確認や取りまとめ。さらに、医療事務の採用Webサイトでの応募者対応などです。支店からの質問にも答えられないことも多く、周囲の皆さんに助けていただいている現状です。一日も早く、支店の方から頼られる存在になりたい。今は勉強あるのみで、取り組んでいきたいと思います。

大阪府 大阪市

西日本支社 共育課

高田 結衣

(2012年入社)
人を育成できる人材になること
そのために西日本支社で成長を遂げたい

就職活動で出会う人事担当者や先輩社員など、ニチイではすべての方がとても優しく、真剣に接してくれたことがとても印象的でした。また、どの事業に関わっても、人の生活を支援する仕事ができる。私にとって、ニチイは非常に魅力的でした。西日本支社は、全国に97支店ある中で近畿地方~九州・沖縄までの34支店を管轄する最大の支社です。その支社の中の共育課は、新設して1年も満たない新しい部署。徐々に業務は確立してきましたが、まだまだ課題も多く、日々、メンバーが協力して、改善に取り組んでいるところです。私の最大の目標は、“人を育成できる人材になること”。そのためには、今、あらゆることを吸収して、知識と経験を身につけ、自分自身も成長していくこと。それが大切だと思っています。

大阪府 大阪市

西日本支社 営業課 事業推進

清水 俊雄

(2009年入社)
地域のニーズに応える提案を、
そしていつか、新事業の夢を叶えたい

医療・介護という分野は、人から感謝されるサービスが提供できるのではないかと考え、志望しました。中でも、ニチイは幅広い事業を行っており、いろいろな活躍の場がある。その点で他社と大きな違いを感じました。西日本支社で医療関連事業の営業推進・事業推進を担当しています。医療機関の要望に応じて、ニチイのサービスを最大限提供できる提案を行うこと。それが使命です。近畿エリアは競合他社も多く、価格面でもシビアです。だからこそ、常に社会情勢を察知し、ニーズに応える最適な提案を行う必要があるのです。将来は、すべての方に貢献できる仕事をしていきたいと、思います。学生時代から興味を持っていた健康をテーマに、新しい事業を立ちあげたい。いつか叶えたい夢です。

福岡県 小倉市

小倉支店 医療関連事業
営業課 マネージャー

中村 佳広

(2010年入社)
情に厚い北九州の地で、信頼関係を
大切に、お客様と向き合っていく

ニチイは若手であっても主体的に行動でき、チャレンジできる環境があると感じ、入社しました。その直感どおりの会社だったと思います。現在は、公的病院、民間病院、診療所の医療事務業務を主な対象に、収益向上という課題に取り組んでいます。北九州は世界文化遺産の官営八幡製鉄所に代表される鉄鋼業の町です。さらに炭鉱で栄えたエリア。同時に、かつての炭鉱、製鉄業労働者のケアを行うために医療が発展し、全国でも有数の医療機関の密集地域になります。こうした土地柄か、お客様は「情に厚い」方が多く、その期待に応えるため、私は信頼関係を特に大切に活動しています。これからも志を高く持ち、より良い提案ができるよう、お客様に向き合っていきたいと思います。